​刺し子タータンチェック-Sashiko Tartan-

KUONでは日本の伝統的な刺し子の織りでタータンチェックを表現しました。生地の凹凸感をより強調するために刺し子部分はベースとなる縦横糸より倍の太さの糸を使用しています。手織りに近い状態に機械のスピードを落とし、ケアすることで実現しました。そのため1反を織るのにとても時間がかかります。

 

Sashiko Tartan

KUON expressed the tartan pattern with traditional Japanese Sashiko weaving. It is difficult to express Sashiko weaving by current shuttle weaving machines, but we made it possible by decreasing the speed as low as hand weaving. So it takes a lot of time to produce 1 roll. 

By using thick thread in Sashiko part, the fabric has three-dimensional, uneven surface.

Copyright 2015 KUON.All right reserved.