検索
  • ARATA FUJIWARA

吉野格子


吉野格子について

今から400年ほど前の江戸時代。

京都に知性と美貌を兼ね備えた吉野太夫という花魁がいました。

※花魁、大夫とは遊女の中でも知性と美貌を兼ね備えた最高位の女性に与えられる称号で身分の高い者しか会うことができませんでした。

その吉野太夫がとても気に入っていたことから吉野格子とも、また別の一説では吉野太夫と結婚した相手が着ていたからとも言われています。当時の文化人にとても愛されていたのがこの吉野格子なのです。

また、もっと古くは奈良時代の正倉院からもこの柄は出てきたと言います。

チェックというとバーバリーチェックのように欧米の伝統的な柄のイメージがありますが

歌舞伎でも昔から格子柄はあり、家紋のように家ごとの格子柄があるそうです。

日本古来の格子柄を日本でも一箇所でしか織ることのできない刺し子織りで表現しました。

また、もっと古くは奈良時代の正倉院からもこの柄は出てきたと言います。

チェックというとバーバリーチェックのように欧米の伝統的な柄のイメージがありますが

歌舞伎でも昔から格子柄はあり、家紋のように家ごとの格子柄があるそうです。

日本古来の格子柄を日本でも一箇所でしか織ることのできない刺し子織りで表現しました。

吉野格子 カーディガン

吉野格子 プルオーバー

Yoshino Plaid

About 400 years ago, when Samurais were running Japan.

There was a beautiful and intelligent courtesan in Kyoto called Yoshino-Tayu.

*Courteasan (Oiran) is a type of Yujo (prostitute), however, they are distinguished from ordinary Yujo in that they are first and foremost. A woman had to be educated in a rage of skills like sado (Japanese tea ceremony) and Ikebana (flower arranging). The courtesans’ prestige was based on their beauty, character and education etc. Tayu is the highest rank of courtesan.

This Yoshino Plaid is named after Yoshino-Tayu because it was loved very much by her, or in another theory, her marriage partner was wearing it. Yoshino plaid was loved by cultural figures at that time.

This pattern is said to have been born from Shosoin, back in Nara period.

If it were a plaid pattern, then certainly we associate with European traditional pattern like Burberry Plaid, however, it can be found in the costumes of Kabuki, and also there were plaid patterns for each household, just like family crest.

We expressed this Japanese traditional plaid with Sashiko-ori, the special technique that can only be done in just one atelier in Japan at the moment.

YOSHINO PLAID NO COLLAR JACKET

YOSHINO PLAID PULLOVER SHIRTS


240回の閲覧

Copyright 2015 KUON.All right reserved.